トップページ 会社案内 社員紹介 こだわり 実例集 加齢化配慮住宅 現場リポート  豆知識 ファイナンシャルプランナー 掲示板 その他


ファイナンシャルプランナーとは日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(JAFP)認定会員
金融機関・弁護士・税理士・保険・不動産などの専門家のための資格認定システム合格者

認定試験問題内容一覧


1 ライフプランニング(概念・キャッシュフォロー表・住宅ローン・取得プランとその他の
  ローン)   
2 不動産(取得 保有 所有 譲渡に関する税金・不動産の基礎・不動産の取引・不
  動産投資・海外不動産・不動産有効活用
3 金融商品(基礎知識・非課税貯蓄制度・預金保険制度・貯蓄型金融商品・積立貯金
4 証券投資(債権投資・株式投資・投資信託・転換社債・ワラント投資・外貨建て商品・
  金投資・金融デリバテイブ・証券ポートフォリオ・マネーポートフォリオ
5 損害保険(保険種類・募集制度・火災保険・自動車保険・損害保険・積立保険・税金)
6 リスクマネージメント(リスクとは・今後予想される大きなリスク・コンサルタント)
7 社会保険(社会保険とは・医療保険制度・労働者災害保険・雇用保険)
8 公的年金(社会保障と公的年金・公的年金制度の仕組み・老齢年金・損害年金・遺
  族年金・募婦年金・死亡一時金
9 リタイアメントプランニング(必要性・考え方・退職プラン)
10相続税・贈与税(相続の仕組・相続税の計算・・申告と納税・贈与税・相続 贈与の財
  産評価
11相続・事業承継設計(争族防止対策・納税資金対策・節税対策・自社株評価・評価減
  対策・株式分散対策・納税資金対策)
12所得税(所得税の基本原則・10種類の所得・所得税計算・所得税の納付・消費税・
  所得控や税額控除の活用・青色申告の活用・損益通算の利用・純損失・法人成り)
13法人税(法人税基礎知識・収益に係る税務・費用に係る税務・損失に係る税務・圧縮
  記帳・税額の計算・申告、納付、処分・タックスプランニング)
        


マネーポートフォリオのおすすめ
(合理的に家計内リストラを実施して資金運用を考えよう)

下記の項目のなかで二つ以上当てはまるものがあれば必ずメリットが発生します。

1 既に住宅ローンをお支払いの方
2 ローン返済中の方(特に信販型や自動車ローン)
3 教育資金の資金準備をされている方
4 老後の資金設計をなさっている方
5 相続対策が必要な方
6 保険料支出が毎月2万以上ある方
7 サラリーマンの方で給与以外の収入がある方
8 事業主(確定申告者)の方
9 預金の必要性をかんじている方

お金の貯め方・使い方の知恵をお教えます。
家計の見直しや確認が必要でないかと思い、ファイナンシャルプランナーと顧問契約を結び、皆様方にお役たて頂けますように無料の安心ご相談コーナーを開設いたしました.メールにてご住所・ご氏名・ご連絡先・ご相談内容をご記入の上当社宛てに頂きますとファイナンシャルプランナーからのお返事を後日お送りいたします.
皆様、一度組んだローン・貯蓄・生命保険などを見直されたことはありますか?
一度ご契約したら安心(無関心)で、そのままになっていませんか?
今日のような不景気では、お金のためかたや使い方が、家計を大きく左右します。
金利が低いときの運用は?
ローンの借り換えは?
『家計の無駄をリストラ』、『住宅ローンや自動車ローンは借り換えをしたほうが得?』『上手な資産運用の考え方』、『無駄な保険の見直し』、『将来の生活設計』等など色々ご相談できます.
生活のリスクや金融のリスクはこれを知ると知らぬでは、大きな差となります.
この機会にぜひ、ご家族やご友人の方と一緒に御相談下さい.

どっちがお得?@貯蓄とローンの金利

「貯蓄とローンの金利をどう考えたらいいの?」
みなさん、一度組んだローン、貯蓄、生命保険を見直したことはありますか?
一度、契約したら安心(無関心)して、そのままにしていませんか?
収入がなかなか伸びない今日では、家計の見直し次第では大きな差がでてきます。
今回は、貯蓄とローンについて考えてみましょう。

「ローンの金利が貯蓄の利回りを超えている場合は、貯蓄でローンを一旦返し、新たに貯蓄を始めると毎月の家計の出費を軽くすることができ、ローンの金利負担もなくなり、楽になります。」
※(中途入金できるローンと一括返済しかできないローンとがありますのでご注意下さい。)
「カードローンがある場合は、一旦、カードローンのマイナス残高をプラス口座の普通預金で補い、カードローンから生活費など必要に応じて少しづつ引き出して行くと、金利負担を軽減させることができます。(上手にまめにやると金利負担が半分以下になることも!)

銀行などカードローンは、金融機関によって5%程度から29%など様々です。上記の方法を使えば、新たに定額のローンを組むよりもカードを使った方が、金利負担が少なくなることもあり、返済額が毎月自由に増減できて返済しやすい場合もあります。」
ローンについては、金利だけでなく毎月いくらの利息を払っているのかを見ておくのが重要です。カードローンについても「カードは嫌い」というのでなく、金融機関をいろいろと調べ、金利の低いカードを持っておくと何かと便利です。

知らずに使うと恐ろしいカードローンやサラ金でも、知って使えば、恐くない。

「でもなるべく使わないほうがいいよね!」

どっちがお得?A教育資金は?

みなさん、一度組んだローン、貯蓄、生命保険を見直したことはありますか?
今回は、教育資金について考えてみましょう。
人生の中で、結婚という大きなステージがあり、やがて子供ができると、教育資金の準備を始めるご家庭も多いでしょう。確かに、高校、大学と進学して行くにつれ、教育費は、負担となります。
そのために、住宅ローンを支払いながら、時には車のローンを支払いながら、まだまだ先で必要になるであろう教育資金を、学資保険で準備し、家計を圧迫しているご家族を多く見かけます。

それぞれのご家庭によって、子供が生まれた時のご主人の年齢が違います。
40歳で子供が生まれたご家庭では、大学を卒業したときのご主人の年齢は、62歳です。学資保険は、必要かもしれません。ただ、サラリーマンであれば退職金があるでしょう。

30歳で子供が生まれたご家庭では、大学を卒業した時のご主人の年齢は、まだ52歳です。
教育資金が必要になってから、教育ローンを組む方法もあります。
教育ローンは、車のローンなどと比べると、非常に金利が低く設定されてます。
少しローンが長くなっても、子供が卒業してから余裕をもって支払っていけます。

学資保険は、長い期間支払った割りには、以外と利回りが低いもの、あるいは支払った保険料よりも受け取り金額が少なくなるものがあります。みなさんは、計算したことがありますか?
その理由として、契約者(ご主人)が亡くなると、保険料払込免除や教育年金があります。
別に御主人の保障がある場合は、学資保険に入る必要があるのかどうか?
また、高校卒業で社会人となることもあり、大学までの資金準備の必要がなかったということになるかもしれません。
学資準備を住宅ローンの操上げ返済に回すと金利負担が一気に減り、支払い期間が数年も短くなる場合もでてくるでしょう。
教育費は、それぞれのご家庭で再検討してみて、貯蓄準備がよいのか、教育ローンを使うのがよいのか、考えてみましょう。

「借金と貯蓄の逆ザヤ解消法。」

資産運用の裏話

こんにちは 江田建設です。
最近特によく聞く不動産資産運用について少し皆さんにお伝えしたいと思います.

どうしてもおいしい話ばかりが先行しているみたいなので少し苦い話もお聞かせしたいと思います.
もうすでに熟知していらっしゃる方はごめんなさい.

最初に答えです!!逆にて提示されていらっしゃいませんか?

建設費は一緒でも家賃は違います!!

だから


初期コスト=

家賃×戸数×12ヶ月×80%
115%×(借り入れ金利+3%)

*借り入れ金利は5%  
*3%は税金などです.


トップページに戻る