トップページ 会社案内 こだわり 実例集 加齢化配慮住宅 現場リポート  ファイナンシャルプランナー 
ご存知ですか? 公的介護保険で福祉用具購入と住宅改修ができます。
わずか1割の自己負担です.要介護認定区分にかかわらず同額支給されます。
 
福祉用具購入(10万円/人・年)
住宅改修(20万円/生涯)
住宅リフォーム

誰もが暮らしやすい『加齢化配慮住宅』にしませんか?
体力が衰えても、ちょっとした手助け=『気配り』があれば、快適に生活できるご高齢者が、ほとんどです.
気配りリフォームしませんか?
加齢化配慮住宅とは
段差解消、手すりの取付け等基本的な要素はもちろん、普段の暮らし方を参考にご家族の方々が加齢に伴う諸事情を踏まえ、よりすみやすい生活空間造りのご提案をした住宅のことです.
福祉住環境コーディネーターがご提案します!
 
江田建設がオール電化住宅をオススメするには理由があります。
ホントにあった私の身近な話
1:

知人のMさん宅で、冬の寒い日におばあさんがガスコンロで料理していると、ご主人が真っ青になって駆け寄ってきました。ナ・ン・ト! ひじの袖口に火が燃え移っていたのです!!幸いご主人がすぐに気づいて大事には至らなかったのですが・・・
ガスの火は青いのでお年寄りには見えにくいのです!!

IHクッキングヒーターなら
 「光るリング」で加熱状態であることが一目でわかります。
使用中は、リング状が内臓ランプが暖かな赤色に点灯。
親しみやすい、火のイメージで調理できます。
 

2:私には80過ぎの祖母がいます。祖母は煮物を煮ていることをよく忘れます。そのおかげで何個お鍋をダメにしたことか・・・(それも、おろしたての高価なものに限って!!)
IHクッキングヒーターなら
 火がないから、吹きこぼれても立ち消えの心配がありません。また、「空焚き自動OFF」「切り忘れ防止」など、IHならではの安全機能も充実。

詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。


トップページに戻る